2年が経って思うこと

b0273789_22533665.jpg


震災から2年が経ったんだな…と昨夜色々考えていたら、夜中の3時に突然ガチャッ!と仕事部屋のドアを空けて飛び込んでくる大ちゃん。
しかも、鼻のまわりはカピカピの血まみれ!
どうや最近、鼻をホジホジする癖があるようで、別に病気や事故ではなかったんだけど、久々にビックリした。
で、そこから朝の5時まで付き合うハメに。
おかげで今日は寝不足気味。


FBで被災地のことや原発の記事をシェアしてくれる方がいるので、少しは現状を知っているつもりだったけど、昨夜の特番を観て、改めて復興のペースの遅さに驚いた。

2年前といえば、大ちゃんが産まれてようやく一緒に住みだした頃。まだ首も据わっていなかった。
それが今じゃ元気に走り回っている。
2年というのはそれほど長いものなのに…

もし、自分が被災していたら何を望むだろう。
贅沢なんてしなくてもいい。家族があって、仕事があって、帰る家があればいい。
この普通の生活ができることのありがたさを忘れてはいけない。
日々の生活に追われてつい被災地のことを忘れてしまいがちだけど、頭の片隅にはきちんと残しておかないといけないと強く思った。
毎日を精一杯生きなくては。
[PR]
by eijiwatanabe | 2013-03-13 01:48
<< セントレアでの前撮り 一緒にロケ地探し >>